×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛の原因

薄毛は、その原因が取り除かれなければ、最終的にハゲてしまうことにもなりかねませんから、「薄くなってきたかな」と感じたら、その時点で薄毛の原因を探る必要があります。薄毛には様々な要因がありますが、特にストレスや欧米型食習慣への移行、化学物質が主成分のヘアケア用品(シャンプー・リンス・トリートメント剤・パーマ液・ヘアダイ等)などが主な原因ではないかと考えられています。薄毛は、日頃の生活から変えないと解決しません。

薄毛対策

薄毛対策にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、薄毛対策を知る前に大切なことが、薄毛の原因を知ることです。薄毛は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。薄毛は、ストレスや睡眠不足などの要因で起こることがあります。そのため、この場合の薄毛対策としては、できる限りストレスを解消して、たっぷりと睡眠を取るなどの、規則正しい生活をすることが、薄毛対策となります。薄毛は、脂っこい食生活や肉類を多く摂取することが原因でも、起こることがあります。そのため、薄毛対策としてそのような食生活をあらため、穀物や野菜中心の食生活にするということもとても有効とされています。頭皮のマッサージなども、薄毛対策としてよく取られる方法です。頭皮の血行が悪くなることにより、薄毛などの症状が出ることがあります。そのため、指の腹を使って優しく頭皮に刺激を与えるという頭皮のマッサージをすることにより、薄毛対策になるのです。レーザー育毛はお勧めです。

薄毛ホルモン

女性にしても男性にしても、薄毛とホルモンにはとても深い関係があることがわかっています。薄毛とホルモンには、どのような関係があるのでしょうか。まず女性の薄毛とホルモンの関係についてみていきましょう。女性の薄毛は、男性の薄毛や脱毛症とは違う点があります。男性の薄毛や脱毛は、額の生え際から頭頂部にかけてどんどん広がっていくことが多いのです。その点、女性の薄毛はというと、全体的に髪が薄くなっていくことが多いのです。特に、女性の薄毛は頭頂部を中心にして薄くなります。このような女性の薄毛は、中高年に多くみられることから、女性ホルモンが減少していくということが女性の薄毛の原因の多くだとかんがえられています。これが、女性の薄毛とホルモンの関係です。この薄毛とホルモンからもわかる通り、過度なダイエットなども、薄毛の原因になります。過度なダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱すからです。